コレステロールが高いとどんな病気になるの?

コレステロールが高いとどんな病気になるの?

コレステロールが高いと、様々な病気を引き起こす原因となります。

 

元々、コレステロールは体内にある脂肪の一種で、細胞膜の材料となったり血管を強くする役割を持っている他に、ホルモンを生成する働きがあるなど体にとって無くてはならない存在です。

 

ただし、摂取し過ぎてしまうと命に関わる病気に繋がる危険性があります。数値が高いと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞になりやすくなります。

 

遺伝的要素が原因でなる場合もありますが、普段の食生活が偏っていたり、運動不足などの生活習慣の乱れに深く関係しています。

 

他には、高脂血症や糖尿病、脂肪肝、閉塞性黄疸などの病気が挙げられます。これはコレステロールが体内で増えすぎてしまい、血管の壁にドロドロとした塊が付着して血管を詰まらせてしまうことで引き起こされます。

 

これらの病気は自覚症状が少なく気づかないうちに重症化しやすいので、定期的に健康診断を受けて悪玉コレステロール(LDL)や善玉コレステロール(HDL)の値に注意するようにしましょう。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ