コレステロールの数値が高いとどんな症状が出るの?

コレステロールの数値が高いとどんな症状が出るの?

コレステロールとは脂肪の一種で体にとって無くてはならないものですが、数値が高いとどんな症状が出るのでしょうか。

 

食べすぎなどで脂質を過剰に摂取しすぎると消費し切れなかったエネルギーが脂肪として血管壁に堆積してしまい、血液が通るスペースが狭くなってしまいます。

 

この状態が動脈硬化と呼ばれ、心不全や高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血などの命に関わる病気の原因になります。

 

悪玉コレステロール(LDL)の数値が高い人は動脈硬化を引き起こす可能性が高いので、生活習慣や食生活を改善していく必要があります。

 

動脈硬化はほとんどの場合自覚症状がないため、気づいた頃には重症化している場合も少なくありません。ですので定期的に健康診断を受け、早い段階で気づくようにすることが重要です。

 

健康診断などで悪玉コレステロール(LDL)が高いと指摘された場合には適切な範囲内に数値が収まるよう、有酸素運動をしたり脂肪分の多い食品を避けるように気をつけましょう。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ