コレステロールが高いのに痩せている原因って何?

コレステロールが高いのに痩せている原因って何?

痩せているのにコレステロールが高い、と言われてしまったことはありませんか?

 

コレステロールと言えば体重や体脂肪率と深い関係があります。しかし、痩せていて体脂肪が少なくてもコレステロールが高いと言われてしまう人もいます。

 

そんな場合にはどんな原因があるのかというと、まずは遺伝的なものです。

 

遺伝性の脂質異常症の人は、普通の方より悪玉コレステロール(LDL)を分解する能力に劣っているため、痩せていても数値が高い場合があります。こういった方は薬での治療を行うとLDLによって引き起こされる動脈硬化などを防ぐ効果が期待できます。

 

また、普段から運動する機会が少なかったり、肉などの動物性の脂肪を多く摂っているような場合でも、痩せているのにLDLの値が高い原因になります。

 

コレステロールが高いと聞くと肥満の人というイメージがありますが、痩せているからといって油断せずに食事の際は動物性の脂肪を摂り過ぎない、善玉であるHDLを増やす食べ物を食べる、適度な運動をするように注意しましょう。

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ