コレステロールが高いと健康診断のどんな数値に出るの?

コレステロールが高いと健康診断のどんな数値に出るの?

自覚症状がないまま健康診断を受けて、コレステロールの数値が高いと言われて驚いたという人も多いのではないでしょうか。

 

普段よく耳にするコレステロールは悪いイメージを持つ人が多いですが、コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。

 

健康に良くないとされるコレステロールは悪玉であるLDLのことを言うので、健康診断を受けた際にLDLの数値が高い場合は気を付ける必要があります。

 

LDLの数値が高いと血中の脂肪が増えたり、血管を硬くさせて血流が悪くなります。これを動脈硬化と言いますが、動脈硬化は脂質異常症や心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな病気を引き起こす原因になります。

 

LDLの数値を下げるためには食生活の改善や運動が効果的です。LDLを下げる食材はサンマやイワシなどの青魚や、バナナなどの水溶性食物繊維を含む食べ物なのでLDLの値が高い場合にはこれらの食品を摂りましょう。

 

また、善玉コレステロール(HDL)は動脈硬化を防ぐ働きがあるので、悪玉が高くなくてもHDLの値が低い場合は野菜や魚などを積極的に食べてHDLが高い状態を目指しましょう。

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ