コレステロールが高いほうが長生きできるの?

コレステロールが高いほうが長生きできるの?

高いコレステロールに悩む人は多いかと思いますが、長生きしたい人が注意したいのは善玉のHDLコレステロールより悪玉のLDLコレステロールです。

 

悪玉であるLDLの値が高いと血管内に付着して血管を詰まらせ動脈硬化を起こす確率が高くなります。数値が過剰になると脳梗塞や心筋梗塞などになるリスクが高まります。

 

一方、善玉であるHDLは血管にこびりついた余分な脂肪を肝臓へ運ぶ働きがあり、HDLが高いと動脈硬化になりにくく、長生きする人が多いと言われています。

 

HDLが低い状態は「低HDLコレステロール血症」と呼ばれ、動脈硬化が起こりやすくなります。体脂肪が少ない人でも、HDLが低いと日本人に多い死因の脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性が高いので注意する必要があります。

 

長生きには悪玉を抑制するHDLを増やす食品を摂取することが重要です。HDLコレステロール値を増やすにはトマトに含まれるリコピンが効果的です。

 

動脈硬化には自覚症状が無いので、長生きするためにはこまめに健康診断などで悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の値をチェックすることが重要です。

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ