コレステロールが高い原因って何?

コレステロールが高い原因って何?

コレステロールが高い値になる原因は人によって様々です。しかも自覚症状がないため、いつの間にか高くなっていた、数値が高くなり続けているという場合があります。

 

コレステロールを高くする原因の一つは食べ過ぎです。

 

人は食べたものをエネルギーに変えることで消費しますが、食べ過ぎてしまうと消費しきれず脂肪に変わり、その脂肪が血中に残るとコレステロールが高い値を示してしまうのです。

 

また、肥満も原因の一つです。脂肪が増えると血糖値を下げるインスリン機能が低下し、コレステロールが高くなります。

 

その他にはお酒の飲み過ぎ、喫煙によるニコチンの過剰摂取も原因の一つです。そしてストレスも体内ホルモンに影響し、血中脂肪を上げてしまいます。人によっては遺伝や薬の影響という場合もあります。

 

このようにコレステロールが高い原因は人によって様々です。予防、改善するためには食べ過ぎや飲み過ぎなどの生活習慣に気をつけなくてはいけません。

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ