緑でサラナの効果はどうですか?

緑でサラナの効果はどうですか?

 

緑でサラナを飲んで期待できる効果は、「コレステロールを下げる」というものです。

 

野菜がコレステロールを下げる力を持っているとのことですが、中でもアブラナ科のブロッコリーやキャベツがその力を発揮します。

 

ブロッコリーやキャベツには天然のアミノ酸であるSMCSという成分が含まれていて、この成分のおかげで悪玉コレステロールを下げることができるとのことです。

 

実際の臨床試験では1日2缶を12週摂取するという内容で、飲み始めて3週間後にコレステロールを低下させることができたと証明されたそうです。

 

この臨床試験の結果を受けて、厚生労働省は緑でサラナを特定保健用食品と認めました。

 

緑でサラナはコレステロールを下げる効果以外にも、野菜が摂取できるという効果もあります。

 

緑でサラナには210gもの野菜が含まれていて、この量であれば、毎日の食事で取れていない野菜を十分補えます。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれていますが、腸を刺激して便通を良くしたり、血糖値の上昇やコレステロールの吸収を抑制する働きを持ちます。

 

中性脂肪を絡み取って排出する作用もあります。

 

これほどありがたい食物繊維が、緑でサラナには2.4gも入っています。

 

飲み続けることで、生活習慣病の予防に繋がる良い効果が得られることは間違いありません。

 

緑でサラナの口コミや効果の関連情報はこちらをご覧ください。