コレステロールが高い時に気になるコレステロールを多く含む食品って何?

コレステロールが高い時に気になるコレステロールを多く含む食品って何?

コレステロールが高い食品を多く食べると血液の流れが悪くなって動脈硬化など思わぬ病気を招く可能性もあります。

 

普段何気なく食べている食品にも多く含まれている可能性があるので、きちんとした知識を得て食事内容を改善していきましょう。

 

まず脂肪分ですが、同じ脂肪といっても動物性と植物性では健康への影響にかなりの違いがあり、動物性は過剰に摂取すると血液や血管に悪影響を及ぼす悪玉コレステロール(LDL)の原因になりますが、植物性は逆にLDLを減少させます。

 

動物性の脂肪分は具体的には肉の脂身などで、こういったものは量を食べ過ぎないように注意する必要があります。あん肝やレバーなど肝臓類も含有量が高いので一度にたくさん食べるのは避けましょう。

 

また、鶏卵や魚卵はコレステロールが高い食品の代表的なものです。魚は健康的なイメージが強いですが、魚卵や内臓ごと食べるような魚はコレステロールが高いので摂り過ぎないように注意しましょう。

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ