コレステロールが高い時の食事はどう変えるべき?

コレステロールが高い時の食事はどう変えるべき?

コレステロールが高い人は食事の改善が必要になります。数値を下げる食品を積極的に摂取すると効果的です。

 

まずは「食物繊維」です。便秘解消と整腸作用が期待できる食物繊維ですが、コレステロール値を下げるのにも効果が期待できます。

 

食物繊維には水溶性と不溶性のものがありますが、水に溶けやすい水溶性の食物繊維が良いです。昆布などの海藻類やこんにゃく、納豆などに多く含まれています。

 

水溶性の食物繊維を豊富に摂取するとコレステロールの吸収を抑え、脂質を排出しやすくなるので悪玉コレステロールであるLDLを下げる効果が期待できます。

 

また、イワシやアジ、サバなどの青魚もおすすめです。青魚にはEPAという成分が豊富に含まれており、このEPAは血中の中性脂肪やLDLを下げる効果が期待できます。

 

LDLの値が高い人は肉や卵、乳製品などの動物性脂肪が豊富な食品は控え、水溶性の食物繊維が含まれる食品や青魚を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

 

コレステロール高い

コレステロール対策として、特定保健用食品などの情報をお知りになりたい方は、こちらをどうぞ!

緑でサラナの効果と口コミ