コレステロール 高い 原因

健康になるための食べ物や対応策はコレだった!

当サイトに訪問してくださり、ありがとうございます!

 

今、このサイトを見ている人はおそらく健康診断や病院などでコレステロールが高いと言われたことがあるのではないでしょうか。

 

コレステロールと聞くと肥満の中高年を想像してしまいますが、若くて痩せているのに数値が高いと言われてショックを受けたという人も多いと思います。

 

コレステロールとは脂質の一種ですが、肥満の人でなくても食生活や生活習慣の乱れが原因で数値が高くなってしまう場合があります。

 

数値が高くなると血管を詰まらせ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの重い病気につながるおそれがあるので若くて痩せている人でも油断は禁物です。

 

当サイトでは、コレステロールが高い原因、食生活の改善方法、おすすめのサプリメントを紹介しています。

 

コレステロールが高いのが心配という人に参考にしてもらえましたら嬉しいです。

 

コレステロールが高い原因って何?

コレステロールが高い値になる原因は人によって様々です。しかも自覚症状がないため、いつの間にか高くなっていた、数値が高くなり続けているという場合があります。

 

コレステロールを高くする原因の一つは食べ過ぎです。

 

人は食べたものをエネルギーに変えることで消費しますが、食べ過ぎてしまうと消費しきれず脂肪に変わり、その脂肪が血中に残るとコレステロールが高い値を示してしまうのです。

 

また、肥満も原因の一つです。脂肪が増えると血糖値を下げるインスリン機能が低下し、コレステロールが高くなります。

 

その他にはお酒の飲み過ぎ、喫煙によるニコチンの過剰摂取も原因の一つです。そしてストレスも体内ホルモンに影響し、血中脂肪を上げてしまいます。人によっては遺伝や薬の影響という場合もあります。

 

このようにコレステロールが高い原因は人によって様々です。予防、改善するためには食べ過ぎや飲み過ぎなどの生活習慣に気をつけなくてはいけません。

コレステロールが高いのって遺伝するの?

コレステロール値が高いけれど、そんなに太っているつもりはない、ひょっとして遺伝なのだろうか。そんな疑問を持つ人もいるようです。

 

コレステロールが高いと動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞や脳梗塞などの重い病気の原因になる場合があると言われているので、気を付けたいところですよね。

 

実際に、遺伝性のコレステロール血症というものは存在しています。これは遺伝により体内の悪玉コレステロールを分解する働きに異常が生じてしまい、体型や食生活に関係なくコレステロールが高い状態になってしまうことです。

 

このような場合では食事や生活習慣に気を付けるのはもちろん大事ですが、薬による治療も並行して行われることが多いようです。これは逆に言えば薬による治療がある程度確立されているということでもあります。

 

遺伝的にコレステロールが高くなる心配がある人は定期的に検査を受けるなどして早めに気づき、適切な対処をすることが必要ですね。

 

 

コレステロールが高いほうが長生きできるの?

高いコレステロールに悩む人は多いかと思いますが、長生きしたい人が注意したいのは善玉のHDLコレステロールより悪玉のLDLコレステロールです。

 

悪玉であるLDLの値が高いと血管内に付着して血管を詰まらせ動脈硬化を起こす確率が高くなります。数値が過剰になると脳梗塞や心筋梗塞などになるリスクが高まります。

 

一方、善玉であるHDLは血管にこびりついた余分な脂肪を肝臓へ運ぶ働きがあり、HDLが高いと動脈硬化になりにくく、長生きする人が多いと言われています。

 

HDLが低い状態は「低HDLコレステロール血症」と呼ばれ、動脈硬化が起こりやすくなります。体脂肪が少ない人でも、HDLが低いと日本人に多い死因の脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性が高いので注意する必要があります。

 

長生きには悪玉を抑制するHDLを増やす食品を摂取することが重要です。HDLコレステロール値を増やすにはトマトに含まれるリコピンが効果的です。

 

動脈硬化には自覚症状が無いので、長生きするためにはこまめに健康診断などで悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の値をチェックすることが重要です。

コレステロールが高いと健康診断のどんな数値に出るの?

自覚症状がないまま健康診断を受けて、コレステロールの数値が高いと言われて驚いたという人も多いのではないでしょうか。

 

普段よく耳にするコレステロールは悪いイメージを持つ人が多いですが、コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)があります。

 

健康に良くないとされるコレステロールは悪玉であるLDLのことを言うので、健康診断を受けた際にLDLの数値が高い場合は気を付ける必要があります。

 

LDLの数値が高いと血中の脂肪が増えたり、血管を硬くさせて血流が悪くなります。これを動脈硬化と言いますが、動脈硬化は脂質異常症や心筋梗塞、脳梗塞などさまざまな病気を引き起こす原因になります。

 

LDLの数値を下げるためには食生活の改善や運動が効果的です。LDLを下げる食材はサンマやイワシなどの青魚や、バナナなどの水溶性食物繊維を含む食べ物なのでLDLの値が高い場合にはこれらの食品を摂りましょう。

 

また、善玉コレステロール(HDL)は動脈硬化を防ぐ働きがあるので、悪玉が高くなくてもHDLの値が低い場合は野菜や魚などを積極的に食べてHDLが高い状態を目指しましょう。

コレステロールが高いのに痩せている原因って何?

痩せているのにコレステロールが高い、と言われてしまったことはありませんか?

 

コレステロールと言えば体重や体脂肪率と深い関係があります。しかし、痩せていて体脂肪が少なくてもコレステロールが高いと言われてしまう人もいます。

 

そんな場合にはどんな原因があるのかというと、まずは遺伝的なものです。

 

遺伝性の脂質異常症の人は、普通の方より悪玉コレステロール(LDL)を分解する能力に劣っているため、痩せていても数値が高い場合があります。こういった方は薬での治療を行うとLDLによって引き起こされる動脈硬化などを防ぐ効果が期待できます。

 

また、普段から運動する機会が少なかったり、肉などの動物性の脂肪を多く摂っているような場合でも、痩せているのにLDLの値が高い原因になります。

 

コレステロールが高いと聞くと肥満の人というイメージがありますが、痩せているからといって油断せずに食事の際は動物性の脂肪を摂り過ぎない、善玉であるHDLを増やす食べ物を食べる、適度な運動をするように注意しましょう。

コレステロールが高いのに中性脂肪が低いのは何故?

コレステロールが高いのに中性脂肪が低いというのは相反する事態が体内で起こっているように感じますが、どういう状態なのでしょうか。

 

コレステロールが高い原因として考えられるのは生活習慣です。糖質や脂質を多く含む食品やアルコール、卵などを食べ過ぎると数値が高くなります。また、過労やストレスが原因になることもあります。

 

では、中性脂肪はどうでしょうか。中性脂肪が高いというのは、食べ過ぎなどにより体内のエネルギーが増えすぎている状態を言います。食生活では糖質や脂質、アルコールの摂りすぎなどが原因になります。

 

コレステロールが高いのに中性脂肪が低いという状態は、摂取エネルギーは少なくてもコレステロール値を上げる食品を多く摂ることで引き起こされます。具体的には卵や肉、乳製品ばかり食べていたり、極端な少食などの偏った食生活が考えられます。

 

中性脂肪が低いとめまいや栄養欠乏を引き起こしやすくなるので、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

数値が高いとどんな症状が出るの?

コレステロールとは脂肪の一種で体にとって無くてはならないものですが、数値が高いとどんな症状が出るのでしょうか。

 

食べすぎなどで脂質を過剰に摂取しすぎると消費し切れなかったエネルギーが脂肪として血管壁に堆積してしまい、血液が通るスペースが狭くなってしまいます。

 

この状態が動脈硬化と呼ばれ、心不全や高血圧、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血などの命に関わる病気の原因になります。

 

悪玉コレステロール(LDL)の数値が高い人は動脈硬化を引き起こす可能性が高いので、生活習慣や食生活を改善していく必要があります。

 

動脈硬化はほとんどの場合自覚症状がないため、気づいた頃には重症化している場合も少なくありません。ですので定期的に健康診断を受け、早い段階で気づくようにすることが重要です。

 

健康診断などで悪玉コレステロール(LDL)が高いと指摘された場合には適切な範囲内に数値が収まるよう、有酸素運動をしたり脂肪分の多い食品を避けるように気をつけましょう。

 

コレステロールが高いとどんな病気になるの?

コレステロールが高いと、様々な病気を引き起こす原因となります。

 

元々、コレステロールは体内にある脂肪の一種で、細胞膜の材料となったり血管を強くする役割を持っている他に、ホルモンを生成する働きがあるなど体にとって無くてはならない存在です。

 

ただし、摂取し過ぎてしまうと命に関わる病気に繋がる危険性があります。数値が高いと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞になりやすくなります。

 

遺伝的要素が原因でなる場合もありますが、普段の食生活が偏っていたり、運動不足などの生活習慣の乱れに深く関係しています。

 

他には、高脂血症や糖尿病、脂肪肝、閉塞性黄疸などの病気が挙げられます。これはコレステロールが体内で増えすぎてしまい、血管の壁にドロドロとした塊が付着して血管を詰まらせてしまうことで引き起こされます。

 

これらの病気は自覚症状が少なく気づかないうちに重症化しやすいので、定期的に健康診断を受けて悪玉コレステロール(LDL)や善玉コレステロール(HDL)の値に注意するようにしましょう。

食事をどう変えるべき?

コレステロールが高い人は食事の改善が必要になります。数値を下げる食品を積極的に摂取すると効果的です。

 

まずは「食物繊維」です。便秘解消と整腸作用が期待できる食物繊維ですが、コレステロール値を下げるのにも効果が期待できます。

 

食物繊維には水溶性と不溶性のものがありますが、水に溶けやすい水溶性の食物繊維が良いです。昆布などの海藻類やこんにゃく、納豆などに多く含まれています。

 

水溶性の食物繊維を豊富に摂取するとコレステロールの吸収を抑え、脂質を排出しやすくなるので悪玉コレステロールであるLDLを下げる効果が期待できます。

 

また、イワシやアジ、サバなどの青魚もおすすめです。青魚にはEPAという成分が豊富に含まれており、このEPAは血中の中性脂肪やLDLを下げる効果が期待できます。

 

LDLの値が高い人は肉や卵、乳製品などの動物性脂肪が豊富な食品は控え、水溶性の食物繊維が含まれる食品や青魚を積極的に摂るようにしましょう。

 

コレステロールを多く含む食品って何?

コレステロールが高い食品を多く食べると血液の流れが悪くなって動脈硬化など思わぬ病気を招く可能性もあります。

 

普段何気なく食べている食品にも多く含まれている可能性があるので、きちんとした知識を得て食事内容を改善していきましょう。

 

まず脂肪分ですが、同じ脂肪といっても動物性と植物性では健康への影響にかなりの違いがあり、動物性は過剰に摂取すると血液や血管に悪影響を及ぼす悪玉コレステロール(LDL)の原因になりますが、植物性は逆にLDLを減少させます。

 

動物性の脂肪分は具体的には肉の脂身などで、こういったものは量を食べ過ぎないように注意する必要があります。あん肝やレバーなど肝臓類も含有量が高いので一度にたくさん食べるのは避けましょう。

 

また、鶏卵や魚卵はコレステロールが高い食品の代表的なものです。魚は健康的なイメージが強いですが、魚卵や内臓ごと食べるような魚はコレステロールが高いので摂り過ぎないように注意しましょう。

 

コレステロールが高いならサプリメントがおすすめ!

悪玉コレステロールが高いなら青魚に含まれる血液サラサラ成分のEPAが効果的ですが、EPAのサプリメントはあるのでしょうか?

 

ここでは、EPAとDHAの含有量が多い順にサプリメントのランキングを作成しました。

 

サプリメントを買うときの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAは、中性脂肪を下げる働きを持つEPAとDHAを豊富に配合しているので高いコレステロールの数値を下げる効果が期待できます。

 

特許を取得したシームレスカプセルを使用。直径3mmと非常に小さいので飲みやすいです。

 

アルミパックで個別包装されているので、成分をそのまま体に届けることができます。

 

  • 送料無料
  • 吸収率が高いソフトカプセルを使用
  • 持ち運びに便利な個別包装
  • ビタミンE配合で健康への効果も期待できる


価格 DHA・EPA含有量(1日分) 総合評価
6480円 750mg コレステロール 高い 原因

 

大正DHA・EPA

大正DHA・EPAは1日にクロマグロの刺身5人前に含まれるDHA・EPAが配合されているので、血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

酸化を防ぐアルミ製の袋で1日分ずつ包装されているので、成分の鮮度を保ったまま体に届けることができます。

 

低カロリーなので体脂肪やコレステロールが高い人でも安心して飲むことが出来ます。

  • 送料無料
  • 外出先でも飲みやすい個別包装
  • 創業100年以上の大正製薬が製造
  • 定期購入で7つの特典つき


価格 DHA・EPA含有量(1日分) 総合評価
3600円 600mg コレステロール 高い 原因

 

きなり

きなりは水銀、ダイオキシン、放射線物質の影響が少ない原料から作られているので安心して飲み続けることができます。

 

青魚に含まれるEPAや納豆に含まれる納豆キナーゼという酵素が配合されているので、高いコレステロールの値を下げる効果が期待できます。

 

水に溶けやすい「クリルオイル」という魚油を使用しているので、成分を体に効率よく吸収させることができます。

 

  • 46万袋を超える販売実績
  • モンドセレクション優秀品質最高金賞受賞(2015年)
  • 送料無料
  • リピート率92.3%


価格 DHA・EPA含有量(1日分) 総合評価
1980円 500mg コレステロール 高い 原因